小顔になるために

顔に触れる女性

受けるためのプロセス

小顔矯正する時は、まず担当する医師が美容整形外科医としてどれだけ実績があるかどうかに注目しましょう。他の診療科での医師として経験豊富でも、美容外科となるとまた別です。美容外科として経験が浅ければ良い結果が出せない可能性もありますから、必ず経験豊富な医師を探して施術してもらうようにしましょう。他にもカウンセリング時は、自分のやりたい施術法よりも医師の診断の方を尊重するようにするべきです。美容外科の医師は、専門家として診断したうえで適切な小顔矯正をすすめてきます。時にそれは患者にとって意に沿わない時もありますが、専門家として正しい判断をしたうえで提案しているので、できればそちらの意見を優先したうえで施術法を決めましょう。ただしどうしても納得がいかない時は、そこの美容外科以外の複数の病院でカウンセリングを受けてみてもかまいません。もしかしたらその中には、自分と同じ意見の医師がいる可能性もあります。なんにしても患者と医師の双方の意見が合わないまま施術をすすめてもいいことはないので、必ず納得のいく方法で整形するようにしてください。また高額だったり高リスクだったりする整形を受けるのが難しい時は、カウンセリング時にそれを医師に伝えておきましょう。そこがあらかじめ決まっていれば、医師がその範囲内でもっとも適切な方法を探してくれます。あとは美容整形に治してあまり過度な期待をしすぎないようにしましょう。いくら美容整形でも修正できる範囲は限られているので、それ以上の効果を過剰に求めるべきではありません。カウンセリングをしてみて話がすべてまとまったら、次は実際に施術を受ける番になります。施術はカウンセリングの跡でそのまま受けて帰ってもいいですし、別の日に予約を入れてから改めて出直してきてもかまいません。なお施術方法によっては、健康状態や飲んでいる薬との相性の悪さから施術を受けられない場合があります。そのため施術前の問診を受ける時は、現在の体調の様子を正直に申告しておきましょう。問診で問題がないと判断されたら、次は手術を受ける際の手続きに入ります。この時手術のための注意事項や同意書を渡されるので、隅々までよく読んでからサインと押印をしましょう。さらに未成年の場合は同意書や保護者の同意の確認を取らなくてはいけなくなるので、そちらも同意書と一緒に窓口に提出しておきます。その上で入院が必要な場合は、そちらの手続きも必要になるはずです。それから支払いの手続きをし終わったら、次はいよいよ手術室で整形する準備に入ります。基本的に美容整形で小顔矯正を受ける時は、まず顔に施術する際のデザインを直接描き込むことになります。デザインは消えるマジックペンで描くので、施術が終わったらすぐに消すことができるので安心してください。一通り施術に必要な書き込みが終わったら、今度は麻酔をして施術に入ります。施術が終わったら日帰りの場合はそのまま帰る支度をして終わりです。入院が必要な場合は指定された病室に入って、そのまま退院の日までしばらく体を休めましょう。その後小顔矯正の手術から順調に回復したら、退院の準備をして終了です。

Copyright© 2018 美容外科で専門治療を受けよう【最新の小顔矯正を受けられる】 All Rights Reserved.