美容外科は医療行為が可能

男性医師

切らない顔痩せが人気

美容外科の特徴はメスや注射・医療レーザーを使用した施術を行えることにあります。これらの方法はすべて医療行為に属するため、エステなどの美容施設で受けることはできません。施術料金は全額自己負担となりますが、これは美容施術であり健康回復を目的としていないためです。例えば薄毛治療・ムダ毛処理なども美容を目的に行われるため、健康保険を使うことができないはずです。これらは自由診療となるため、クリニック側が自由に料金設定をできます。小顔矯正を美容外科で受ける場合は、費用・技術のバランスを考えてクリニック選びをしてください。最新の治療方法を導入していること、料金が適正であること、などが重要なポイントになります。容姿という見た目に関わる施術となるので、安いだけのクリニックを選ぶのはおすすめしません。一般的に駅前の一等地にある美容外科は人気クリニックであることが多く、最新の小顔矯正を受けられるのが普通です。昔は小顔施術と言えば骨や皮膚を切除する方法が一般的でしたが、現在は切らない小顔矯正が増えてきています。レーザーや脂肪吸引・脂肪溶解注射などの方法もあるので、エステサロン感覚で利用することが可能です。セルライトと言えばお尻に発生するイメージがあるでしょうが、実は顔にも蓄積することがわかっています。セルライトは顔痩せマッサージなどで除去することは難しいですが、脂肪溶解注射を使用すれば燃焼させられます。美容整形では医療ダイエットを受けることが可能で、ボディとのバランスをシミュレーションした上で理想的な顔立ちに変えられます。エステサロンの小顔マッサージと美容外科の小顔矯正はまったく異なる種類の施術になります。前者はマッサージによって顔周りに溜まった水分を追い出していく方法で、すぐに効果を実感できるのがメリットです。ただし脂肪・筋肉によって太っている状況はマッサージで解消できないので、医療機関の施術が必要になってきます。エラ張りを解消するにはエラ骨を削っていく方法が確実で、骨が減少した分だけフェイスラインがシャープになります。顎の部分はVラインになっているのが好ましく、これによりスッキリした印象を与えることが可能です。U字になっていると顔が太く見えてしまうので、脂肪を除去する方法が効果的になることもあります。脂肪は切除をして取り出さなくても、脂肪吸引や脂肪溶解注射などを使用して減少できます。これらの方法はダウンタイムが非常に少ないので、日常生活への影響は最小限に抑えられるでしょう。ボトックス注射は筋肉を柔軟にすることで、筋肉太りを軽減するメリットがあります。小顔矯正で大切なのは原因が何にあるのか明確にし、その上で適切な治療方法を選択することにあります。レーザー治療はたるみ解消に効果的で、年齢によるたるみが気になる方におすすめです。美容外科の小顔矯正の持続効果が高いのがメリットで、エステサロンで小顔痩せを実感できない方に適しています。輪郭はたった数mm細くなるだけでも、目でハッキリと認識できるほどの矯正効果が期待できます。美容外科で顔痩せをするときは、顔全体のバランスをイメージして施術をしてくれるクリニックを選びましょう。

看護師

顔を小さくできる手術

小顔矯正は美容外科で人気を得ているサービスで、複数の方法から自分に合ったものを選べるので良い形で利用できます。施術をする前に具体的にどのように変わるのか、詳しい説明を受けられるので安心して小顔矯正の手術を行えます。

男性医師

病院選びは慎重に

小顔矯正の治療をするにあたって、クリニックは信頼のできる医師がいるところを選ぶのが良いでしょう。経験が豊富な医師であれば治療プランの引き出しも多く、予算や希望などを踏まえた柔軟なプランを提案してくれるでしょう。

顔に触れる女性

小顔になるために

美容整形を受ける時は、担当の医師とよく相談してから施術法を決めましょう。カウンセリングをして納得がいったら、次は手続きをして小顔矯正の施術に入ります。施術には麻酔やデザインが必要ですので、医師の指示に従って施術を受けましょう。

Copyright© 2018 美容外科で専門治療を受けよう【小顔矯正で小顔美人になっちゃおう】 All Rights Reserved.